食-西安料理、麺

【西安の麺】拉条子(ラーティアオズ)

麺の国西安の麺シリーズ!西安の暑さも段々と本格的になってきました!

今回ご紹介するのはすでに何回かご紹介している「拉条子(ラーティアオズ)」です。

これは麺の打ち方の種類です。

西安では一番ポピュラーなスタイルの麺なのではないでしょうか。

西安では店の屋号にbiangbiang麺(ビャンビャン麺)とか软面(ルアン麺)と号している店が散見されますが、これは特徴ある麺のスタイルでアピールポイントを打ち出しているからそうしているのであって、拉条子に関してはスタンダードすぎるので店の名前にしてもしょうがない(全くないわけではないですが)。

そんな立ち位置にある麺だと思っています。

拉条子は麺を手延べで適当な長さに伸ばし、油を塗ってしばらく置いてから茹でます。

トッピングはおなじみ「油泼(ヨウポー) + 杂酱(ザージャン)」。

じっくりとかき混ぜます。

店によって差はありますが、コシが強く噛みごたえがあり、咀嚼するごとに麺の風味をたっぷりと味わえます。

この麺は先日「扯面(チャー麺)」をご紹介したお店でいただきました。

ごちそうさまでした。

———————–