食-その他

【中国生活】デパートでバイキング

週末、中国人の友人たちとデパートのバイキングに行ってきました。

入口のレジにはひとり69元と記載されていましたが、スマホアプリを使うと60元になりました。

各テーブルには焼肉用の鉄板が設置されています。

西安では焼肉(烧烤·シャオカオ)というと「烤肉串(カオロウチュアン)」、すなわち串焼きを指しますが、鉄板で焼くスタイルの焼肉も少しずつ増えています。

韓国式(韩式)、日本式(日式)という触れ込みなので、専門店での値段はお高めですが。

西安のデパートでバイキング

さて、それでは試合開始!

めいめい適当に料理を取ってきます。

炒め物や凉菜系の中華料理がやはりメインです。

火鍋もできますので、鍋用の具材も揃っています。

このような貝殻系の海産物もあります。奥のブースで湯がいてもらいます。

お刺身もあったようですが、あっという間に無くなり、私たちがいる間に補充されることはありませんでした。

海苔巻きもありますが、これは韓国風海苔巻きで、日本的なものとは一線を画します。酢飯じゃないですし。

ジャーン!これはセミの幼虫を揚げたものです。「知了(ジイリャオ)」といいます。

身に少しだけトロッとした具(内蔵?)が詰まっていて濃厚な味わいがあります。

テーブルに皿が置けなくなったので食べ始めます。

残念ながら焼肉の肉は硬いです。タレも日本の焼肉屋にあるタレはなかったので、少し物足りないものが。

とは言え、懲りずに何度か肉を取りに往復し、火鍋を突っつき、果物や一口サイズのケーキ(パサパサしていた)をいただき、なんだかんだで2時間近く滞在しました。

いろんな食材、料理、デザートを楽しめて60元(千円くらい)なら十分満足のゆくものだと思いました。

お昼でしたのでお酒は飲みませんでしたが、ビールも白酒も飲み放題のようです。白酒の銘柄を知りたいところですが、、、