中国生活

卤肉(ルーロウ)と凉菜(リャンツァイ)

卤肉(ルーロウ)と凉菜(リャンツァイ)の屋台

庶民のおかず、卤肉(ルーロウ)と凉菜(リャンツァイ)をご紹介します。

これが卤肉(ルーロウ)と凉菜(リャンツァイ)の屋台です。

卤肉(ルーロウ)と凉菜(リャンツァイ)の屋台

手前が卤肉の入った鍋、右が凉菜です。

凉菜は字から想像できる通り、サラダになります。

凉菜

このお店はすでに味が付いている形で売られています。他の凉菜店ですと味の付いてないプレーンな状態で、最後にラー油や調味料を調合してもらうことが多いです。

さて、卤肉はというと、こんな感じです。

卤肉

見慣れない人が見るとけっこう面食らうかもしれませんね。

卤肉は豚肉を様々な香辛料、薬味と醤油で煮込んだものです。

ご覧の通り様々な部位の豚肉が選べます。レバー、腸、鼻、耳、などなど、、、

適当なものを選んで、「何グラムください」とか「これくらいで」と手で指し示しても構いません。お店の人が言う通りにカットしてくれます。それをさらに一口サイズにカットしてもらい、ラー油、ニンニクエキス、ピーナッツ、パクチーなどを混ぜてもらい完成です。

卤肉は多くの家庭の食卓の常連です。酒飲みにはたまらないおつまみになります。

この写真の屋台はお客さんが特に多く、5時過ぎに開店して8時過ぎにはもう売り切れていることも多い人気店です。この夫婦はけっこう儲けているに違いないと睨んでいます。