食-西安料理、麺

西安の朝食・菜夹馍(ツァイジャーモ)

菜夹馍の屋台

朝食に菜夹馍(ツァイジャーモ)をいただきました。

西安の有名なローカルフードのひとつに肉夹馍(ロウジャーモ)があります。窯で焼いた馍(モ・固パン)に刻んだ豚の角煮を挟んだものです。ツァイジャーモはその野菜版です。

菜夹馍(ツァイジャーモ)

人参、玉ねぎ、キャベツ、キュウリ、青唐辛子、ジャガイモの千切り、干した豆腐、煮卵などなど自分で好きに選んでパンからはみ出るほどぎゅうぎゅうに詰めることができます。

こんな感じの屋台で売られています。

菜夹馍の屋台

ツァイジャーモは3元(51円くらい)。煮卵はひとつ1元。おばさんがこちらを見ていますが大丈夫。ちゃんと断って撮っています(笑)

菜夹馍の屋台

おばさんにツァイジャーモが欲しい旨を伝えるとモをビニール袋に入れて渡してくれるので、自分で好きなものを挟んでいきます。

野菜をたくさん摂ることができて、ヘルシーで朝食としてたいへん結構でございます。