食-西安料理、麺

【西安の麺】菠菜面2

菠菜面

当ブログですでに1度ご紹介している「菠菜面(ボーツァイミェン)」です。

菠菜はほうれん草。ほうれん草を練り込んで作った麺、ほうれん草の味がするわけではないですが、普通の白い麺とは風味が異なります。野菜のもつ自然豊かなふんわりとした風味を楽しめます。

菠菜面

これは職場近くのフードコートで食べた時のもので、「肉臊子干拌(ロウサオズガンバン)」というメニューです。

細かく刻んだ肉を醤油などで煮込んだものと、ジャガイモ、ニンジンの角切りを茹でた麺の上にかけたもので、西安の麺のスタンダードな食べ方です。

よくかき混ぜていただきます。

菠菜面

菠菜面は店によって緑の鮮やかさも少しづつ異なり、味や風味以外の楽しみ方があっておもしろいです。

ごちそうさまでした。