食-西安料理、麺

【西安の麺】削筋面(シュージン麺)

麺の国西安の麺シリーズ!最近週末のランニングに加えて、筋トレも始めました!

削筋面(シュージン麺)は西安の麺の中でもそんなに凝った打ち方をしない麺かと思います。

練った小麦粉の塊を押しつぶし平べったくし、それを均等に包丁で裁断して茹でたものです。

日本のおそばやうどんと打ち方は似ているでしょうか。

いつもの「油泼 加 杂酱(ヨウポージャーザージャン)」。

このお店はなかなか気前よくニラやら何やらを色々入れてくれました。

じっくりとかき混ぜます。

麺の見た感じは拉条子と同じで、削筋面は包丁で裁断している分、太さに均一さが見られます。

麺自体は柔らかく、スルスルと口の中に入っていきます。名前にあるような筋ばった感触はありません。

また、わたしの単なる印象に過ぎませんが、削筋面はどの店も酸味がきついように感じます。

酢を少なめにしたいところですが、めったに削筋面を食べないので、いつも事前に言うのを忘れます。

ごちそうさまでした。

——-