旅 – 青海省

【中国旅行・青海省】チベット文化を訪ねて-4-興海1

2018年9月30日から10月7日まで中国青海省を旅しました。

青海省の省都西寧市を拠点に、逆時計周りに共和、興海、同徳、貴南、貴徳を訪れ、西寧に戻るというルート。このあたりは「海南チベット族自治州」に属します。

中国旅行_青海省_チベット_イスラム
【中国旅行・青海省】チベット文化を訪ねて-3-共和22018年9月30日から10月7日まで中国青海省を旅しました。 青海省の省都西寧市を拠点に、逆時計周りに共和、興海、同徳、貴南、貴...

チベット文化を訪ねる(青海省・海南チベット族自治州)

3日目 その1 共和から興海へ

10月2日の朝7時半、共和のホテル「岭格尔(リンガー)大酒店」をチェックアウト。

シャワーのお湯もちゃんと出て、トイレの詰まりもなく、快適に過ごせました。

漢族のお店で朝食が食べられますが、ガマン。

共和のバスターミナルの待合室。

バスターミナルの売店。

興海県行きのバスです。8時ちょうどに出発。

さっき朝食をガマンしたのはバスの車中で催したら大ピンチだからであります。バス旅行の場合は直前の食事はなるべく控えるようにしています。

途中、小さな街に停車しました。出発前、他に乗車する人がいないか、運転手さんはクラクションをけたたましく鳴らし合図をします。

再び景色は広大な原野に。

タルチョがはためいているのが見えます。

遠くに羊の放牧が見えます。

午前11時少し前に興海県のバスターミナルに到着。

明日の同徳行きのバスの出発時刻の確認。

同徳のバスターミナルは共和よりもさらに小さく、白タクの運ちゃんたちのたまり場も見当たりません。

ちょっと途方に暮れかけましたが、↑の写真の右から3番目の姐姐(お姉さん)に声をかけたら、知り合いだか親戚だかが運転手なので連絡してくれるとのこと。ありがたや。

少し待っていると車がやってきたので、運転手の青年と交渉。この青年自身は温厚な人柄で好感をもてたのですが、すぐ後にやってきた兄貴と称するチンピラ風情が会話に参加してきて、強気な金額をふっかけられました。

他にタクシーも見当たらず、弱い立場であったために、ガイドブックに記載された目安よりもちょっと割高な金額でマネー成立となってしまったのは苦々しい。

「先に飯食ってくるよ」と言って運転手の青年にちょっと待ってもらい、腹ごしらえ。

コンセントがあったのでお店の人にことわって充電させてもらいます。

干拌面(ガンバンミェン)。中華風ミートソースですね。回族のお店ですので肉は豚肉ではなく牛肉を使用しています。

これから興海の名刹「赛宗寺(サイゾンスー)」に向かいます!

中国旅行_青海省_チベット_イスラム
【中国旅行・青海省】チベット文化を訪ねて-5-興海22018年9月30日から10月7日まで中国青海省を旅しました。 青海省の省都西寧市を拠点に、逆時計周りに共和、興海、同徳、貴南、貴...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)