食-西安料理、麺

西安の麺・「裤带面(クーダイメン)」

软面

今日も麺の国西安の麺のご紹介。今回は「裤带面(クーダイメン)」です。

よく通っているフードコートにあるお店です。

软面

裤带(クーダイ)はズボンのベルトのことです。ベルトのような幅広の麺ということですね。

软面

幅広ですからかき混ぜるのにもちょっと力が必要です。

裤带面

薄く平べったい麺なのがお分かりになるでしょうか。

普通の麺ですと、すする音が「ズルズル」とか「チュルチュル」みたいな感じですが、裤带面ですと、「ズボボボ」みたいな音になります(笑)

このような幅広の麺を見ると、西安通の方は西安名物の麺「biangbiang面(ビャンビャン麺)」をご想像される方も多いでしょう。

クーダイ麺とビャンビャン麺とにも違いがあるそうで、クーダイ麺の方がより薄く打つのだそうです。

また、ビャンビャン麺の「biangbiang」とは麺を打つときに小麦粉の塊を伸ばしながらまな板に打ちつける時に発生する音から来ているとされていますが、この裤带面の店は特にそのような動作をせずに麺を伸ばしてすぐ鍋に放っていました。

biangbiang麺は西安の麺で最も有名なものですからいずれご紹介したいと思いますが、見た感じはこのクーダイ麺とそんなに違いはないでしょう(笑)