食-西安料理、麺

【西安ローカルフード】漢中熱米皮

西安のローカルフードのひとつ「熱米皮(ルアミーピ)」を食べに来ました。

「米皮(ミーピ)」というのもありますが、異なるものです。

正確には西安でなく西安の西南にある都市「漢中」の名物のようですが、西安でもそこら中にお店があるポピュラーな食べ物のひとつです。

米粉を練って麺よりも薄く伸ばしたものを蒸籠で蒸したもので、細長い状態のものをたたんで器にあけ、もやしやホウレン草をあえ、酢とラー油と絡めて食べます。

ラー油はもちろん「油泼辣子(ヨウポーラーズ)」です。

ヨウポーラーズについて

蒸籠から上げたばかりなのでまだ熱々です。よくかき混ぜていただきます。

究極にもっちりした食感をしています。食べていると楽しくなってきます。

値段は6元(100円くらい)、庶民の味方の軽食です。

男性ですとこれにプラスして「肉夹馍」(ロウジアモ)を一緒に食べる人もいます。

あるいは「菜豆腐(ツァイドウフ)」といってスープに豆腐がどっかり入ったものを食べる人もいます。

西安には美味しい軽食が豊富にあり、飽きることがありません。