食-西安料理、麺

【西安の麺】biangbiang面(ビャンビャン麺)

麺の国西安の西安の麺シリーズ!今回は有名なbiangbiang麺です。

西安の名物としてまず真っ先にあがるのがこの「biangbiang麺(ビャンビャン麺)」ではないでしょうか。

アルファベットで書かれるのは、漢字がとても難しいからです。

(“百度百科”から引用 )

こんな文字はさすがにパソコンでは表示できません。

さて、このビャンビャン麺は、

  • 幅広麺
  • 麺台に麺を打つ時、「ビャンビャン」という音が鳴る

というような特徴があります。

幅広麺は「软面(ルアン麺:柔らかい麺)」とも言い、ビャンビャン麺の他にも色々な種類があります。

拉条子などの麺は麺台に叩きつける時の音が、「バンバン!」と威勢のいい音が鳴りますが、ビャンビャン麺は幅広麺であるため、薄く長く伸ばした麺が弦楽器さながら「ビャンビャン」という感じに聞こえる事からこの名が来ているようです。

こちらがビャンビャン麺。トッピングはいつもの「油泼(ヨウポー) + 杂酱(ザージャン)」。

じっくりとかき混ぜます。

幅広の麺だということがお分かりになるでしょうか。

以前に「扯面(チャー麺)」をご紹介しましたが、それよりは少し厚みがあります。

幅広で柔らかな麺がトッピングのソースとねっとりと絡んで心地よい食感です。

油泼は唐辛子の上に熱い油をかけたもの、杂酱はいわゆるジャージャン麺の肉のソースです。

この二つが合わさるとミートソースのような味になると感じるのは私だけでしょうか。

この幅広で柔らかな麺とミートソース(のような味)が絡むと、ちょうどラビオリを食べているような感覚を覚えます。

これもシルクロードならではの味と言えるのではないでしょうか。言えない?

———————–