旅 – 青海省

【中国旅行・青海省】チベット文化を訪ねて-13-貴徳1

2018年9月30日から10月7日まで中国青海省を旅しました。

青海省の省都西寧市を拠点に、逆時計周りに共和、興海、同徳、貴南、貴徳を訪れ、西寧に戻るというルート。このあたりは「海南チベット族自治州」に属します。

中国旅行_青海省_チベット_イスラム
【中国旅行・青海省】チベット文化を訪ねて-12-貴南32018年9月30日から10月7日まで中国青海省を旅しました。 青海省の省都西寧市を拠点に、逆時計周りに共和、興海、同徳、貴南、貴...

チベット文化を訪ねる(青海省・海南チベット族自治州)

5日目 その4 貴南から貴徳へ

13時頃、貴南の街に戻ってきました。

さて、実は同徳と同様に、ここ貴南での宿泊も事前に予約することができておりませんでした。(外国人が宿泊できる宿が検索で出てこなかったため)

白タクの運ちゃんからの情報と併せて鑑みた結果、貴南では宿泊せずに次の目的地である貴徳県まで進むことを決断しました。

貴徳へ行くバスが頻繁に発車していることも理由のひとつでありました。

行き先表示がちょっと違う気がしますが、このバスでいいみたいです。

今回の旅行期間中、ずっと好天が続きました。

バスの車窓からの景色を眺めるだけでもこの旅をしてよかったと思います。

ほんとうに、素晴らしい景色の連続でした。

15時20分、貴徳県のバスターミナルに到着。

今日はブランチ的に牛肉麺を食べただけなので、早くも空腹に。

漢族の食堂に入って「杂酱面(ジャージャー麺)」を。

あらためて整理すると、本来はここ貴徳を訪れるのは明日の予定でしたが、貴南で宿泊せずに貴徳に来てしまったため、一日早い貴徳の訪問となります。

というわけで、ジャージャー麺をズルズルすすりながら、貴徳での宿泊のため予約していた宿(ユースホステル)に、一日早くチェックインできるか電話したのですが、つながりません。

短信(ショートメール)で送ったメッセージにも返信がなく、仕方なく直接宿に行ってみることにしました。

が、地図アプリを見ながら住所の示しているであろう場所を探しても、何もなく、宿にたどりつくことができませんでした。

ユースホステルのような、マンションの一室などで営業しているような形態の施設は見つかりにいです。

経営者も副業でやっていることが多く、住所や電話番号の表記が適当だったりします。

実際、数年前河南省に行ったときに予約したユースホステルは、こちらから何度も電話連絡したのち、老板から「いま実家に帰ってるのでやってませーん」などと返事がありました。

こういうことがあるので、ネットで事前予約する際は、料金先払いの方が少し割安になるのですが、安宿を予約する場合は現地払いにしたほうが安全です。

先払いにすると、このようなトラブルがあった場合、返金交渉が面倒ですからね。

そんなわけで、貴徳の街には縁がないかな、と思い至り、貴南に続いてこの貴徳でも宿泊しないことにしました。

今日中に西寧に戻ります。

貴徳から西寧はそれほど離れていなく、バスも多く出ているので、それほど急ぐ必要はありません。

気を取り直して、その辺をぶらぶらします。

いましがた渡ってきた大きな橋は「黄河清大桥(フアンファーチンダーチャオ)」と言って、黄河にかかる大橋であります。

ご覧の通り、一般的な黄河のイメージとは違い、水が黄色くないですね。

橋の下に降りられるので、降りてみます。

あとでこの写真をみて思ったのですが、水量が多く、立て看板を川が飲み込まんとしています。かなり危険な感じで、川に近づくべきではなかったようです。

よくこんなに近くまで行ったね、、、

とは言え、かの黄河にこんなに近づける機会はまたとないので、間近でじっくりと見学します。

貴徳のバスターミナルに戻ります。

貴徳のバスターミナルに戻ってきました。

貴徳の街は路線バスもかなり発達しているようですね。

17時に西寧行きのバスが発車しました。

経緯は忘れましたが、「前の予備席に座ってくれますか」と言われ、運転席の隣の眺めのよい特等席に座らせてくれました。

まあ、乗客はグループ客ばかりで、ひとり旅の私があぶれたからでしょう。

 

 

バスは爽快にぐんぐんスピードを上げて、写真を撮るにはベストポジションでありました。

ただ、この予備席にはシートベルトがなかったので、もしも急ブレーキでもかかったら、フロントガラスに頭から突っ込んでいたことでしょう。

18時半頃、西寧に戻ってきました。まだ日暮れには早い時間帯。

9月30日に泊まった宿「俭太空舱公寓(シャンジェン・タイコンツァン・ゴンユー)」に再度チェックイン。

ひと休みしてから、宿の近くでビールと羊の串焼きを。

夜になると宿の周辺はごった返します。この辺は西寧の新興の繁華街らしいです。

面片(メンピェン)を食べて帰りましょう。

回族のお店はお茶がセルフサービスなところが多いです。

西寧名物の手作りヨーグルトを買って帰ります。

たぶん、私が今日まで旅してきたところの羊やヤクから採られたものでしょう。

さて、予定よりも早く旅を切り上げたので、2日間の空きができました。

明日と明後日は西寧の北側のエリアを訪れることにしました。

乞うご期待!

中国旅行_青海省_チベット_イスラム
【中国旅行・青海省】チベット文化を訪ねて-14-互助12018年9月30日から10月4日まで中国青海省の「海南チベット族自治州(共和、興海、同徳、貴南、貴徳)」を旅しました。 http...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)