旅 – 山西省

【中国旅行・山西省】古代中国の皇帝と関羽の故郷(5)

2018年12月30日から2019年1月1日にかけて、山西省の臨汾市と運城市を旅しました。

前回は臨汾市から運城市に移動し、運城市郊外にある「司馬温公祠」を訪れました。

中国旅行_山西省_三皇五帝_三国志
【中国旅行・山西省】古代中国の皇帝と関羽の故郷(4)2018年12月30日から2019年1月1日にかけて、山西省の臨汾市と運城市を旅しました。 前回は臨汾市街にある名刹「大雲寺」を訪...

中国神話の君主の廟 舜帝陵

舜帝陵へ

14時半、夏県の食堂で刀削麺をいただいた後、バスで「职业技术学院南(市職業学院南)」停留所経由で「舜帝陵」に向かいました。

中国旅行_山西省_三皇五帝_三国志 中国旅行_山西省_三皇五帝_三国志

16時、「舜帝陵(シュンディーリン)」に到着しました。

「舜」は古代中国の神話上の君主のひとりです。

昨日訪れた「堯廟」に祀られている堯は君主の座を「禅譲」し、その権力を舜に譲り渡しました。

中国旅行_山西省_三皇五帝_三国志 中国旅行_山西省_三皇五帝_三国志

み、道が長い、、、向こうが見えません、、、

中国旅行_山西省_三皇五帝_三国志 中国旅行_山西省_三皇五帝_三国志

何か白いものが見えます。おそらく舜の像でしょう。

中国旅行_山西省_三皇五帝_三国志

舜帝陵を参拝する

「舜帝陵(シュンディーリン)」は舜の次の君主である「禹(う)」の時代に塚として存在していたものが、唐代の西暦738年に陵墓として整えられたのが始めとされています。

まあ、禹の時代から唐代まで2,000年(?)以上経過しているわけで、本当にここに舜が眠っているかはむつかしいところですが、その真偽はあまり問題ではないと考えています。

大事なことは長い年月変わらずに(権力の介在もあったのでしょうが)この土地を守っていた人々があり、それを尊重する習慣、風俗、文化があったことなのだと思います。

中国旅行_山西省_三皇五帝_三国志

この倒れかかっている木は樹齢1千年とされています。

中国旅行_山西省_三皇五帝_三国志 中国旅行_山西省_三皇五帝_三国志 中国旅行_山西省_三皇五帝_三国志

舜の陵墓

中国旅行_山西省_三皇五帝_三国志 中国旅行_山西省_三皇五帝_三国志 中国旅行_山西省_三皇五帝_三国志

舜の陵墓です。私も手を合わせます。

中国旅行_山西省_三皇五帝_三国志 中国旅行_山西省_三皇五帝_三国志 中国旅行_山西省_三皇五帝_三国志

関帝廟

舜帝陵の傍らには関帝廟もあります。関羽を祀った廟です。

中国旅行_山西省_三皇五帝_三国志 中国旅行_山西省_三皇五帝_三国志

関羽の一生を綴った絵もあり、さすが関羽の故郷といった感じです。一部を紹介します。

中国旅行_山西省_三皇五帝_三国志

劉備、張飛とともに呂布と争うシーン。

中国旅行_山西省_三皇五帝_三国志

官渡の戦いで顔良と文醜を討ち取るシーン。

中国旅行_山西省_三皇五帝_三国志

劉備が三顧の礼で諸葛孔明を迎えるシーン。

中国旅行_山西省_三皇五帝_三国志

黄忠と争うシーン。その後2人は同僚になりますが、関羽は黄忠を老いぼれ呼ばわりします(笑)。

中国旅行_山西省_三皇五帝_三国志

矢傷を受けた腕を華陀に治療させながら馬良と囲碁に興じるシーン。たらいを掲げている使用人が涙ぐましい。

中国旅行_山西省_三皇五帝_三国志 中国旅行_山西省_三皇五帝_三国志 中国旅行_山西省_三皇五帝_三国志

「順親協帝」と額が掲げられています(右から読むでいいですよね?自信ないです、、、)。

舜は親孝行で知られ、薄情な父親や継母、兄弟にもめげずに孝行を貫いたとされており、この点でも現代においてお手本となっています。

中国旅行_山西省_三皇五帝_三国志 中国旅行_山西省_三皇五帝_三国志

舜の両脇にいる女性はともに堯が嫁がせた2人の娘です。

中国旅行_山西省_三皇五帝_三国志 中国旅行_山西省_三皇五帝_三国志 中国旅行_山西省_三皇五帝_三国志 中国旅行_山西省_三皇五帝_三国志 中国旅行_山西省_三皇五帝_三国志

17時、これから運城市街に戻り、宿にチェックインします。

忘れかけていましたが今日は12月31日。日本では大晦日です(笑)。

次回、運城の街で飲ろうぜ。です。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)